低資金で飲食店を開業する方法|誰でも夢を実現できる時代

理想の店を開くには

婦人

細かい計画も重要

飲食店は特別な資格なしに誰でも開業できますが、行き当たりばったりに始めても成功は期待できません。開業前の入念な準備と、しっかりした集客方法が順調な経営のポイントになります。ほとんどの方は、何か得意な料理や好きな料理があって、それを飲食店で提供したいという希望を持っているはずです。まずは競合する料理の人気店を回って、なぜ繁盛しているのか調査してみましょう。味や価格はもちろん、立地条件や客層を調べることにより、自分が開業する飲食店のコンセプトを明確にします。コンセプトがはっきりしたら、開業費用を計算して資金を調達します。立地によっても内外装の仕様によっても、初期投資額は大きく変わってきます。居抜き物件や中古の厨房機器を選べば、すべてを思いどおりにはできませんが、ある程度の費用節約になります。融資で資金を調達するには、細かい経営計画を立てる必要があります。予想される売上と原価や人件費を計算し、金融機関が納得する計画書を提出しなければなりません、仮に融資を受けないとしても、経営を破綻させないためには、あらかじめ生活費も含めた収支の計画を練っておくことが大切です。飲食店の集客にはチラシやポスターのほか、SNSで情報を発信したり、地域のフリーペーパーを活用したりするのが一般的です。大々的に開業キャンペーンを実施して注目を集め 、料理やサービスを知ってもらって、リピーターを作るのもひとつの方法です。

マッサージ

専門団体の支援で開業

接骨師会では、開業時のテナントを紹介する支援業務を行っています。施設に最適な条件を備えた物件などを優先的に紹介しており、開業時のプロセスがよりシンプルになります。設備やスタッフが既にそろっている物件もありますので、急ぎで開業したい方にも便利な支援内容です。

レジ

年々機能は向上

レジスターは販売店や飲食店などでは必須になっています。しかしこの機能をさらに高める商品が次々に販売されています。そしてアプリケーションを活用した最先端のシステムも販売されています。導入費用などを考慮する必要がないのです。

クレジットカード

現代では必須の決済方法

クレジットカードと同じように使えるデビット・プリペイドカードも登場しているので、クレジットカード決済はネットショップで必須といえます。もしも、クレジットカード決済に対応していないのなら、代行サービスを使用して、便利な決済方法をお客に提供しましょう。